住宅ローン

住宅ローンに関する疑問・質問

転勤になったらどうするの?

ではここからはいくつかのよくある質問について考えて見ましょう。まず最初に考えたいのは、もし転勤などの理由で引越ししなければならなくなった場合、住宅ローンの支払いが残っているのに今の家から新しい家に引っ越すことが必要になるので、そうなれば二件分の支払いをしなければならなくなるのではないのかという疑問です。

多くの場合、そうなったら前の家を人に賃貸で貸し出してその収入で返済に充てればいいのではないかという返事が返ってくるようですが、実はそこには落とし穴があります。実は住宅ローンの返済額と同じ金額の家賃収入では赤字になってしまうのです。

例えば実際の支払額について例を上げて考えて見ましょう。毎月のローンの返済額が12万円だったとしましょう。それに加えて毎年固定資産税というものが課税されますので、それが20万円だったとします。さらに貸し出すのが賃貸物件ではなく個人の所有物になりますので当然修繕費や管理費なども個人負担で賄うことが必要になるでしょう。

つまり、ローンの支払いに加えてほかの雑費を加えると、毎月約16万円の支払いが必要になるということになります。もし16万円も家賃を払って家を借りるということになれば、いったいどれほどの人がその家を借りたいと思うかが問題になります。

それで残念なことですが、ローンが残っている状態で転勤になったらかなり悲惨であるということです。またローンを返せなかった場合は売却すればいいと考えるのも危険です。多くの場合、購入金額よりも売却金額のほうが安いため、売却損が発生するからです。転勤の危険のある人はかなり慎重にマイホームの購入を考えることが必要でしょう。

 

返済プランは信用できる?

住宅ローンを借りるときにはいくつかの危険を考える必要がありますが、住宅ローンそのものが危険というよりは住宅ローンの正しい使い方を調べずに目先の損得勘定だけで使うことによる危険のほうが多いかもしれません。仕組みを考えずに無謀な使い方をすると大きな損失を抱え込むことにもなりかねません。それで後悔しないための住宅ローンの使い方を考えることは大切です。

そのときにまず必ずチェックしてほしい点があります。それが返済プランを鵜呑みにしないということです。住宅ローンを契約するに際しては金融業者とさまざまなプランを比較検討することになると思います。そのときに提示される返済プランはあくまでも業者目線で作られるものですので、あなたの生活にぴったり当てはまるかどうかは個々の状況に応じて考える必要があるということです。

当たり前のことですが業者の作った返済プランは、例えば年収が同じだったとしても、あなたの生活スタイルや趣味などに賭けるお金のことまでは考慮されていません。

それぞれの生活における大切な部分は異なりますので、その返済計画があなたの生活に本当に適応しているのかを考えてください。そうしないと、実際に契約して返済が始まってから、しまったということになりかねません。

後悔先に立たず、必ず返済プランはそのままを受け取るのではなく、あなたの生活に即しているかどうかを確かめてください。もちろん業者の返済プランが悪徳だとか詐欺行為だという意味ではありませんので、内容に疑いを持ってくださいという意味ではありません。そこは勘違いしないようお願いいたします。

 

金利の種類は変更できるの?

答えを先にいいますと、出来ます。といっても必ず変更したほうが得なのかどうかを確かめてから変更してください。住宅金融支援機構が実施したアンケートの結果によりますと、金利を変更するための借り換えに関して興味深い回答結果が寄せられています。

完全固定金利のローンから完全固定金利の別のローンに借り換えをした人が23パーセント以上おられ、完全固定金利のローンから変動金利のローンへ借り換えをした人が約40パーセントでした。つまり、完全固定金利の人が別のローンへ借り換えをするときには当然のことながらさらに低近隣ローンが登場したからという答えが予想できます。

一方、変動金利型のローンから変動金利型のローンへ借り換えをした人は実に70パーセントを超えるという結果が出ています。どうして変動金利のローンを組んでいた人が借り替えるのに、もう一度変動金利の商品へ変更しているのでしょうか。変動金利型のローンの場合、ここ数年間は金利はほとんど変化していません。また通常は半年ごとに金利を見直しますので実際には金利は変動していないことになります。ではどうしてわざわざ借り替えをするのでしょうか。

それは、金利は同じでも、引き下げ幅の大きい商品が登場してきているというのが答えです。以前と同じ金利でも、引き下げ幅が0.7パーセントの場合、新しく借り替えるローンが引き下げ幅が1.4パーセントという商品が最近では当たり前ですので当然支払い金額には大きな差が出ることになります。

また借り替えローンで引き下げ幅の大きいものも出てきていますので、金利の種類を変更する前にどのローンに借り替えれば本当に得なのかを検討することは大切です。

 

多額の借金は怖くない?

自分の家に住みたいという願いを持つ人は少なくありませんが、ニコニコ一括現金払いでマイホームを購入できる人はほとんどいないのではないでしょうか。

というのも当たり前で、住宅購入費用は金額の桁が普通の買い物とは大違いだからです。つまり家を買うには住宅ローンは欠かせないものですが、逆にローンを組まないと買えないものを買うのは怖いと感じる人が多いのもうなずけます。下手をすれば一生かかっても払いきれない金額の借金を抱えることにもなりかねませんので。

でも実際には多額の借金を抱えることと住宅ローンを組むことは同じなのでしょうか。厳密に言うと同じことではありますが、いわゆる多額の借金という場合は無計画に見境無しに借りてしまって返す当てがないということが多いのに比べて、マイホームローンというのは最初から返済を見込んで計画的に借りるものなので少し違うということも出来るかもしれません。

現在ではインターネットを使うことで、さまざまな知識を得ることが可能になっています。住宅ローンに関しても、検索さえすれば専門家のアドバイスを調べることも可能になっています。

自分の場合、住宅ローンを組んでマイホームを手に入れるのと、毎月毎月家賃を支払い続けていつになっても家が自分のものにならない状態なのとどちらが賢いのかを検討することが出来ます。よく転勤する人の場合や一箇所に固定されたくない人の場合はマイホームはお勧めいたしませんが、そうでなければ検討してみるのもいいのではないでしょうか。

 

住宅ローンセンターって何?

さて、いよいよ最後の項目になりました。本当はもっと最初のほうに取り上げるほうがよかったのかもしれませんが、最後に住宅ローンセンターについて考えてみましょう。

この住宅ローンセンターというのは何でしょうか。もしかしたらあなたも駅前や街中で住宅ローンセンターという看板を見かけたことがあるかもしれません。これはいってみれば金融業者の窓口の中でも住宅ローンに関することを専門に扱う部分だけを独立させてひとつの店舗にしてしまったものと考えていただくことが出来ます。

特に住宅ローンに力を入れている金融業者ではこのような住宅ローンセンターを作っているところが多く見受けられます。

これまで住宅ローンに関する相談は銀行の通常の窓口で行われていましたが、なかなか住宅ローンだけに関する知識を持ち合わせている人を配置したり、銀行の窓口として開くと銀行と同じ営業時間に縛られてしまってなかなか休日や遅い時間に相談を受け付けることが出来ないなどの弊害もありました。

さらに住宅ローンに関する相談を受け付けるためには単にローンに関する知識だけではなく、不動産の取引の仕方や不動産そのものに関する知識が必要だったり、税金や契約に関する法律にも詳しい人が必要になります。それでほかの業務の合間に住宅ローンの相談を受けるよりも、専門のスタッフを集結させて相談したほうが効率も内容も充実するのではないかというコンセプトの元に誕生したのが住宅ローンセンターなのです。それで住宅ローンを活用しようとお考えの方はまず、住宅ローンセンターで相談されることをお勧めいたします。

-住宅ローン

Copyright© ライフスタイルとお金の情報館 , 2021 All Rights Reserved.