ライフスタイルとお金にまつわる話題

住宅情報とお金のライフスタイル情報館

プロミス申込→即日キャッシング金利 審査

プロミスの審査で重視される項目

投稿日:

年収と現在の借入額の比較

キャッシングサービスを利用する以上、審査を避けることはできません。審査を受ける側としては、どのような点に注意して審査を受ければ良いのか、審査に関する情報を知っておいた方が、得することは多くなります。プロミスに申し込む前に、どのような対処をしておけば良いのか、詳しく学んでみましょう。その第一歩として必要なのは、現在の年収と現在の借入額を比較しておくことです。これについて、具体的に見てみます。
そもそも、現在の年収と現在の借入額を比較するなんて、無意味に感じたかもしれません。しかし、実際は意味のないことではないのです。というのは、キャッシングを利用する場合、ある規定が定められているからです。それは、年収の3分の1を超えて、キャッシングはできないということです。例えばですが、年収が300万円なのであれば、キャッシングできるのはその3分の1である100万円までなのです。
では、現在の年収と現在の借入額を比較した結果、借入額が年収の3分の1を超えていた場合は、どういう対処をするべきでしょうか。この場合は、新たにプロミスにキャッシングを申し込むよりも、現在の借入額を少なくすると同時に、借り入れ件数を少なくすることに集中する方が賢明です。どこの業者でも、年収の3分の1を超えた融資はできないので、審査にかけたとしても、望ましい審査結果が出るわけではないのです。むしろ、申し込みに時間をかけるだけ無駄になります。今何をすべきか見極めるという意味でも、年収と借入額の比較は欠かさないようにしましょう。

 

給与明細の用意

安定した仕事に就いており、安定した収入があることは、プロミスのキャッシングを利用する上で、絶対に外すことのできない最低限の条件となります。実際も、収入が安定していればいるほど、審査でのポイントが高いと言われています。では、安定した収入があることをアピールするためには、どのような対策をすれば良いでしょうか。
まず、「私は安定した収入があります」と口頭で申告しただけでは、説得力に欠けます。というのは、口頭での申告であれば、いくらでも誤魔化しが利くからです。仮に無職であっても、口頭で虚偽の申告はできるのです。それよりも、安定した収入があることを客観的に証明した方が、その人の信頼度は増します。それは、客観的な書類をもって証明することに他なりません。その書類とは、まさに給与明細です。給与をもらったら、給与明細を捨ててしまうケースもありますが、もし保管してあるのであれば、これを活用しない手はありません。では、給与明細がどうしてそこまで説得力があるのでしょうか。それは、課税前の収入、手取りの収入、手当て、税金、入社日など、様々な情報が具体的な数値によって示されているため、誤魔化しが一切利かないからです。給与明細があれば、誰も年収を適当に申告しようとは思わなくなります。給与明細に示されている様々なデータを活用すれば、本当にその人が安定した収入があるのかどうかが正しく判断できます。もし、収入の安定をアピールしたいなら、給与明細を用意しておくことです。書類を用意して審査で不利になることはまずありません。

 

連絡の取れる手段

現代ではほとんどの人が、携帯電話、ないしはスマートフォンを保持しています。となると、携帯電話もスマートフォンも、保持していて当たり前で、決して珍しい特別なことではないと思われがちです。ましては、プロミスのキャッシングの審査では、別に審査項目に何も関係ないと感じることでしょう。しかし、これがバカにできないのです。というのは、プロミスとしては、携帯電話やスマートフォンを保持しているかどうかという点も、一つの審査項目に加えているからです。このことを初めて聞いた人にとっては、きっと驚くはずです。では、プロミスの審査を受けるに当たって、なにゆえ携帯電話やスマートフォンを持っている方が望ましいのか、ここで説明します。
携帯電話やスマートフォンを持っていると、どのようなメリットがあるのか考えてみましょう。このようなツールがあると、様々なシチュエーションで申込者本人と連絡が取れるようになります。プロミスとしては、申込者本人と連絡が取れてお話できれば安心ですが、逆に、連絡が取れなければ、非常に困ってしまいます。ならば、プロミス側としても、プロミスを利用する側としても、携帯電話やスマートフォンを持っている方が、非常に望ましいのです。
プロミスでは、審査の際に、場合によっては携帯電話やスマートフォンに電話をかけることがあります。というのは、この作業を行うことで、申告した連絡先番号が、本当に本人のものなのか、確実に確認することができるからです。万が一うっかりして番号を書き間違えた場合でも、確実に正しい番号が確認できます。

 

クレジットカードの利用状況

消費者金融会社とクレジットカード会社は別の業者だから一切関係がない、そう思うのも無理はありません。しかし、いづれも金融業界であり、顧客に融資をする立場である点では何も変わりはないのです。そういう意味では、プロミスの審査において、クレジットカードの利用状況も考慮されるものと心しておいた方が良いのです。もちろん、プロミスに申し込む前に、クレジットカードの利用状況を入念に確認するのは、言うまでもありません。では、どういう点に着眼してクレジットカードの利用状況を確認するのでしょうか。
まず、クレジットカードの支払い遅延、及び滞納がないかどうか、厳しくチェックします。最近の支払いで遅延があった場合や、返済期日を過ぎているにも関わらず未だに支払いをしていない場合は、プロミスの審査で大きく影響すると言っても、決して過言ではありません。意外に見落としてしまう項目かもしれませんが、想像以上に厳しくチェックされています。最近の状況はもとより、直近の3ヶ月以内の状況についても、チェックしておく必要があります。というのは、プロミスの審査では、最近3ヶ月以内のクレジットカードの利用状況がどうだったかを見ることが多いからです。過去の状況が良好だったとしても、それはあくまでも過去の話ですから、あまり考慮されません。しかし、最近3ヶ月間で延滞や滞納がある場合は、支払い能力が高くないものと判断され、非常に損をすることになります。今すぐ現金が必要なら仕方ないですが、そこまで急ぎでないなら、3ヶ月後にでも改めて申し込む方が、審査での評価は少しでも良くなります。

 

他社借り入れ状況の把握

プロミスにキャッシングを申し込む前に、現在の収入と現在の借入額を比較することは、必要不可欠であることは、先述したとおりです。しかし、実際は、合計借り入れ金額だけをチェックするのでは不十分なのです。ここでは、もう少し深追いして状況を把握しなければいけません。それは、他社借り入れ状況を細かく把握することです。これがなぜ必要なのかについて、これから説明します。
まず、既に他社から借入がある場合は、絶対にごまかしてはいけません。あくまでも、現在の借入額があるなら、正確に申告するようにしましょう。ここで「適当に申告してもばれない」とタカをくくっている人も居るのですが、それはとんでもない間違いなのです。適当な申告をしても、後々ばれますから、決して何の得にもなりません。むしろ、審査における印象が悪くなるだけですから、それこそ本末転倒です。
では、現在の借り入れ金額は、どうしてごまかすことができないのでしょうか。それは、クレジットカードや消費者金融など、金融機関同士で借り入れや遅延、滞納などの情報がシェアされているからです。しかも、その情報は全てリアルタイムでの情報なので、現在の客観的な情報がごまかされることなく客観的に表れるのです。もし、ここでどの会社からいくら融資を受けていて残高がいくらあるのかについて、正確に把握できていないと、どんな不利益が起こるでしょうか。まさに、自分で使用したお金を管理できないだらしない人というレッテルが貼られてしまいます。

 

総量規制の理解

これまでに総量規制という言葉を聞いたことがあるでしょうか。初めてプロミスを利用する人にとっては、聞きなれない言葉かもしれません。もしくは、この言葉を聞いたことがあっても、正確な意味まで把握しているケースは非常にまれです。一見とっつきづらい専門用語のように見えますが、知っておいて損はないので、この機会に総量規制について学んでおきましょう。
総量規制というのは、言ってみれば、お金を融資する際の法律のことです。総量規制では、「現在の年収の3分の1を超えてお金を借りてはいけない」という規定が定められています。これが最も基本的な総量規制の考え方ですが、「例外のない決まりは無い」とも言われるように、総量規制にも例外はあります。この例外について正しく知ることが、総量規制について正しく理解することにつながります。例えば、どんな例外があるでしょうか。まず、家や車のローンは、総量規制を受けません。というのは、家や車は、個人でレジャーを楽しんだり、遊戯費に使われるわけではないからです。次に、緊急の入院による医療ローンです。緊急の入院は、非常にやむを得ない状況であるので
、個人的な希望などを理由にして医療ローンを契約したわけではないからです。そして最後に、個人事業主の事業融資です。事業融資ということは、あくまでもビジネスのための資金ですから、これも個人的な飲み会の出費などとは訳が違うのです。また、いわゆるおまとめローンも、目的が借り換えになるという点で総量規制の対象外になる場合もあります。

 

-プロミス申込→即日キャッシング金利 審査

Copyright© 住宅情報とお金のライフスタイル情報館 , 2019 All Rights Reserved.